バルクオム シミ

バルクオムの保湿力でシミ対策

肌にシミが出来ると気になりませんか?一度できてしまうとなかなか消えて繰らないのが肌のシミです。シミ対策を何もしていない人とシミ対策をしている人では全然肌質が違ってきます。
どう違ってくるかは言うまでもないですよね!

まず、肌のシミの原因は

※繰り返されるニキビ跡
※ニキビを潰す事
※紫外線

上記の3つが有名でご存知の方も多いかと思います。既にこれらが原因で出来るシミ対策はバッチリやってますって方も多いと思います。

私もシミ対策だけでなくニキビ対策や肌質UPのために、毎日バルクオムでスキンケアしています。

バルクオムの保湿力はとても優れているので、春夏秋冬オールシーズン肌のスキンケアにバルクオムを使用しています。おかげでニキビが耐えなかった私の肌は、ニキビがなくなりベタつきも大幅に減少といった効果を実感しています。



私が伝えたいシミの原因はもう1つあります!

それは

肌の乾燥です!!

特に肌が乾燥することに注意不足になりやすい時期は

秋や冬!!

肌に出来てしまうシミは、夏の紫外線だけ予防・対策していればいいわけじゃないんです。

夏が終わると紫外線対策やスキンケアがおろそかになりやすいと思いますが、実は夏が終わって秋や冬になっても肌にシミが出来る原因はスタンバイしています!ちょっと気を抜けばシミは発生してしまいますので注意してください!

秋や冬の乾燥もシミの原因


夏場はUVクリームなどで紫外線予防を徹底してやると思いますが、夏が終わりに近づき涼しくなってくるとUVケアをあまりしなくなりますよね!?やっとあまり紫外線を気にしなくていい季節になった!なんて油断していませんか?

紫外線対策の後は、肌の乾燥対策をしましょう!

夏場は日差しも強いので、ただでさえ肌の水分が奪われてしまい肌の潤いが不足します。だから朝や晩だけでなく日中も化粧水などで肌を保湿し潤いを与える必要があります。UVクリームなどでの紫外線予防も忘れずに!

私の場合、外仕事なので顔に汚れが付着しやすい為に、お昼の時にもバルクオム化粧品で洗顔と保湿をしています。1日にバルクオムで3回スキンケアしている計算になります。

本題の肌のシミの原因についてですが、

肌のシミの原因にメラニンが関係しているという事はご存知でしょうか?

夏の強い紫外線を受けることで色素沈着しシミになるのですが、肌の乾燥も軽視してはいけません。

肌が乾燥すると肌を守ろうと皮脂を分泌するだけでなく、肌を綺麗に維持するためのターンオーバーの周期も乱れてしまいます。

ターンオーバーが活発に行われない肌になると、メラニン色素などの古い肌細胞が排出されにくくなり、いつまでも肌にシミが残ることになります。

だから秋や冬の肌が乾燥しやすい季節でもスキンケアは怠ることなく、しっかり保湿することをオススメします。むしろした方がいいでしょう!

肌を保湿することにより肌が潤うだけでなく、ターンオーバーが正常に行われる肌状態にすることでシミ対策にもなります。

秋や冬だからといって肌の保湿を怠ると、コラーゲンが不足しハリやツヤがなくなりたるんだ肌への近道になってしまいます。老け顔まっしぐらなんて結果にも..。

シミが出来て悩む

※紫外線対策は念入りにやっているのにシミが出来てしまう...

もしも、このような悩みがあるなら肌の乾燥が原因が関係している可能性があります!今からでも肌を保湿しいしっかりケアしてみましょう!

もう一つ!

肌のターンオーバーは年齢を重ねるにつれて遅れがちになります。ターンオーバーが遅れるとメラニン色素の排出が追い付かず、常に肌にシミが残ってしまうことになります。年齢によるターンオーバーの遅れや肌の乾燥は避けて通れないのですが、毎日しっかり肌を保湿してあげることでシミが発生しにくい肌にすることが出来ます。

バルクオム男の肌トラブル

そもそも男の肌は乾燥しやすく肌トラブルが起こりやすい傾向にあります。毎日しっかり化粧水などで保湿してても、肌の奥深く角質層まで潤いが届かなければ効果も半減といったところでしょう。

適当なスキンケア商品で「ただ肌ケアしました」という様に済ませるのではなく、しっかり角質層まで潤いが届くように「肌ケアしてます」と言えるようなスキンケア商品で肌を保湿しましょう!

そんな男の肌には、収穫後4か月も腐らない保水能力が優れたリンゴ幹細胞エキス配合のバルクオム化粧品をおすすめします。

さらに、皮膚への吸着性と浸透性が高い事で有名な加水分解シルク成分も配合されているので、男の乾きやすい肌の角質層まで潤いを与えてくれる効果があるのがバルクオム化粧品です。

BULK HOMME(バルクオム)
購入はこちら


 

サイトマップ

マネーパートナーズとは